otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ “トップ・マンタ”取り締まりでカタルーニャ広場が一時混乱状態 少なくとも一人が怪我。

|

現地時間3日午後16時20分頃、自治体警察グアルディア・ウルバナが違法路上販売、通称”トップ・マンタ”を取り締まり中、路上販売者らと警察が小競り合いを起こし、カタルーニャ広場駅及び目抜き通りである”ランブラ通り”で観光客や市民らを一時的に避難させ、周辺は一時混乱に陥ったと、地元紙ラ・バングアルディア紙が報じた


現場にいた証言者の話によると、混乱が起きたのは警察の避難の指示が悪かったためだったとのこと。 また、駆け付けた国家警察の警官らも同じようにコメントしている。


この混乱の中、”トップ・マンタ”の違法路上販売員が投げたと思われる石が女性にぶつかり怪我をし、救急車が駆けつけた場面もあったとのこと。


8月11日にカタルーニャの観光地"サロウ"で警察当局が"トップ・マンタ"取り締まりのため家宅捜査などを行い、セネガル人1人が自宅の3階のアパートから落下して死亡。 セネガル人グループが、死亡した原因は警察にあるとし暴動を起こしており、警察と"トップ・マンタ"の緊張は高まっている最中の出来事であった。

 



ソース

Una operación contra el top manta causa el caos en Plaza Catalunya

スペイン バルセロナ “トップマンタ”(違法路上販売)バルセロナ市に協力要請
スペイン  タラゴナ 「トップ・マンタ」取り締まり中、セネガル人が逃走、3階(日本の4階)から飛び降り死亡

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。