otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 高額私立学校

|


ザ・ブリティッシュ・スクール・オブ・バルセロナ(THE BRITISH SCHOOL OF BARCELONA)

年間費9,900ユーロから11,610ユーロで、スペインで一番高いといわれている私立学校。 各生徒の得意分野や、社会知識の向上を目的とする。 卒業すると英国教育省発効の卒業証書が与えられる。

ベンジャミン・フランクリン(BENJAMIN FRANKLIN)

月謝825ユーロから1,229ユーロで、3学期のうち各学期でオプションを選ぶことが出来、最後に合計金額を支払う。 ここを卒業すると、スペイン、英国、国際高校卒業証書を取得することが出来、イギリス、アメリカの大学に入学することが可能。



インターナショナル・カレッジ・スペイン(INTERNATIONAL COLLEGE SPAIN)

1980年に創設されたマドリードにある私立学校は、3歳から18歳までが学び、国籍は53か国と国際的な学校。 月額は1,000ユーロから2,000ユーロで、授業以外の活動により変動。 マドリードで唯一国際バカロレアを修了することが出来る。

キングス・カレッジ(KINGS COLLEGE)

1969年からマドリードで英国式教育を行っている。 ここを卒業するとイギリスの大学に進学することが出来るようになる。  ここでは英語で授業が行われるが、問題がある性とには特別授業が設けられている。 最低でも月811ユーロを支払わなければならない。




エル・ブリティッシュ・カウンシル・スクール(EL BRITISH COUNCIL SCHOOL)

活力・忠誠心・団結精神・柔軟性・熱意がここの学校の教育方針。 スペイン文化、イギリス文化の両方を十分に習得できる。 4半期で2,987ユーロから5,705ユーロの学費がかかる。 修了すると、IGCSEを自動的に取得できる。




サン・パトリシオ(SAN PATRICIO)

学舎は二つに分かれており、小中学校はセラーノ・デ・マドリード通り、高校はラ・モラレハ通りで行われる。 授業外活動を含めなければ、月額600から750ユーロ。音楽の授業などが課外授業で受けられる。 卒業すると国際高校卒業証書を取得できる可能性がある。 給食室があり、給食はここで作られる。




サン・フランシスコ・デ・パウラ(SAN FRANCISCO DE PAULA)

セビリアにあるこの学校では、2015年セレクティビダッド(スペインの大学に入学するために必要な資格の一つ 2015年度は93%の大学入学希望者が試験をパスした。) で全員が試験に合格した。 スペインでも最高額の授業料の私立学校の一つとして知られる。 月額435ユーロから1170ユーロで、英語、フランス語、ドイツ語、中国語の授業を受けることが出来る。




リセオ・ヨーロペオ(LICEO EUROPEO)

マドリードに位置する私立学校。 様々な料金システムがあり、2年間で550ユーロから995ユーロ。




エル・コレヒオ・アメリカーノ(EL COLEGIO AMERICANO)

マドリードでは、英語を流暢に話すことが出来ると有名な学校。 月1,300ユーロから2,000ユーロで、生徒の希望する授業に寄与する。 米国式教育を実践する。




ニュートン・カレッジ(NEWTON COLLEGE)

このリストで一番お手頃価格の私立学校で、月500ユーロから760ユーロ。 生徒は多言語を習得でき、英国式教育を受けることが出来る。 年少部、小中学校も完備。 国際バカロレア取得プログラムもある。


ソース

Los colegios privados más caros de España

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。