otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン デ・ヘア選手の契約を巡る問題 レアル・マドリッド公式声明

|

昨日起こったダビッド・デ・ヘア選手の契約に関する疑惑に関してレアル・マドリードは明確にしたいと思う。


  • 1.マンチェスターユナイテッドは、昨日の朝までダビッド・デ・ヘア選手の契約に関して、連盟の理事の権利を行使し交渉の道を閉ざしていた。
  • 2.レアル・マドリードは最終日に選手の契約に関する申請がとても難しいと知っていながらも、協議を開始することで合意した。
  • 3.マンチェスターユナイテッドが昨日の朝、協議を開始したときにレアル・マドリードのナバス選手を今期からマンチェスターに入団させることに同意、選手の代表ともコンタクトをとっていると発言。
  • 4.レアル・マドリードとマンチェスターはすぐにこの二人の選手の譲渡に関して合意に至る。 FIFA転送マッチングシステム(TMS)を介してLFPの設定する期限に間に合うよう、契約関連書類の起草を始め、スペイン時間13時39分にマンチェスターに契約書類を送信。
  • 5.約8時間後の21時43分、マンチェスターユナイテッドは契約書類の細かな修正を求めてきた。 それら修正箇所は、契約そのものとは関係の無いもので、期限内に終わらせるためレアル・マドリードはそれら修正箇所に即座に同意。
  • 6.レアル・マドリードはデ・ヘア選手とナバス選手のサインを得たのちすぐにマンチェスターユナイテッドに送信スペイン時間で23時32分。 マンチェスターからの返事を待つのみの状態となった。
  • 7.マンチェスターユナイテッドからナバス選手の代表者と最終合意に達したと発表。 スペイン時間で23時53分にレアル・マドリードにナバス選手がサインすべき契約書が送られてくる。
  • 8.マンチェスターユナイテッドはTMSを使いデ・ヘア選手のデータを送信、スペイン時間の0時。ナバス選手のデータは打ち込んでいない。 同時にレアル・マドリードにサインをした契約書を送信。 レアル・マドリードは書類を0時2分に受け取り、TMSにアクセスするも、既に閉鎖した後だった。
  • 9.スペイン時間00時26分FIFAのTMS情報処理管理者がレアル・マドリードに対し、デ・ヘア選手のデータ入力を許可する。 (昨日英国は祝日だったため、契約最終日が本日のため) レアル・マドリードは、期限が終了していると分かっていたが、選手の交換の契約のため一途の望みをかけて情報を入力。
  • 10.レアル・マドリードは必要な事項を全て行った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。