otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン アラゴン ヴィーニャス・デル・ベロ(Viñas del Vero)豊作

|

(写真 Viñas del VERO)


スペインのワイン産地ソモンタノ(D.O.SOMONTANO)に本拠を置くワイナリーヴィーニャス・デル・ベロは8月18日、朝5時より最初のブドウの収穫を行った。 同社の発表によると、今年の収穫は昨年と比べて600トン多い、5721トンの収穫を予想している。


ヴィーニャス・デル・ベロは生産地ソモンタノに属しており、最初の収穫では成熟が早く、このワイナリーのベストセラーである、ロゼワインの味を左右するデリケートな部分、ピノ・ノワール種の収穫から始まった。


19日からは白ブドウシャルドネ種、来週からメルロー種、ゲヴュルツトラミネール種の収穫、最後にガルナッチャ種とカベルネ・ソービニヨン種が収穫されるとのこと。


ブドウ栽培技術責任者のホセ・フェレール氏は、今年のブドウの出来に関して、「熱い日が続いたにもかかわらず、ここ最近の気温が、普通か、多少寒い期間が続き、ブドウの成長がゆっくりになった。」として、”とても良い”と語った。


収穫されたブドウの約半分は北ヨーロッパ、メキシコ、中国、日本、フィリピン等に輸出される。 収穫は40日間かけて行われ、10月までかかる見込み。 


ソース

Viñas del Vero vendimiará 600.000 kilos más que en 2015

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。