otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ警察違法ダイエット薬を押収。 農薬も検出されていた。

|

カタルーニャ自治州警察モススダエスクアドロは14日、メキシコで開発・生産していた100%自然薬品を謳った、違法ダイエット薬7千個を押収したことが、ヨーロッパプレスが伝えたところにより分かった。 


問題となったダイエット薬は、メキシコのNANという研究所で開発、生産されており、スペインではインターネット上で販売されていたが、医療機関の承認はされていなかった。 


問題が発覚したのは今年の6月で、カタルーニャの衛生局が違法ダイエット薬を摂取したのち、具合が悪くなった患者7人を発見、警察に通報していた。 この内3人は未成年者だったとのこと。7人とも発汗、高血圧、神経疾患を発症していたと、病院関係者はかたっている。 警察はすぐに違法薬物を検査、少量の農薬が検出された。 


実はこのダイエット薬は、アメリカ食品医薬品局(FDA)の検査で食品表示に記載されていないカフェインを検出、さらに昨年12月4日にはメキシコの衛生局がこの商品の販売中止を決定しており、カタルーニャの衛生局も以前より健康に重大な問題が発生する可能性が大きいと、注意を促していた。


モススダエスクアドロ警察はジローナ県で、違法薬物を販売していた容疑で、スペイン人46歳女性を逮捕した。


ソース

Retiran un quemagrasas ilegal y tóxico vendido por internet

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。