otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン トレドの自治体ビラ・デ・ドン・ファドリケのお墓で、生後三か月の赤ん坊を母親が斬首

|

ヨーロッパプレスが伝えたところによると、12日、37歳の母親が自分の生後3か月になる赤ん坊を、トレドの自治体の一つ、ビラ・デ・ドン・ファドリケ(Villa de Don Fadrique)の墓場で、持っていた刃物で首を切り落とした疑いで、グアルディア・シビル警察に逮捕されたことが分かった。


事件が起きたのは現地時間の朝8時15分頃で、もう一人の息子(3)と、3か月になる赤ん坊と共に、犯行現場の墓場に到着。 3歳の息子を乗ってきた車内に置き去りにし、赤ん坊と共に霊園の中に侵入、犯行に至ったとみられている。


事件現場にいた目撃者らは、すぐに警察に通報、数分後に救急車と到着したものの、赤ん坊を助けることは出来なかった。


市長のハイメ・サントス氏によると、「この赤ん坊の母親は、犯行後、近くの教会に逃げ込み、間もなく逮捕された」とのこと。 また、犯行を目撃した人はいなかったが、母親はとても焦っているような様子だったと語っている。



ソース

Una madre degüella a su bebé de tres meses en el cementerio de Villa de Don Fadrique (Toledo)



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。