otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カンタブリア州知事がカタルーニャ州知事へメッセージ。 「馬鹿な真似はやめろ。 エブロ川に続く沼地(水源)はカンタブリアにあるのだ。」

|


カンタブリア州のミゲランヘル・レビリャ(Miguel Ángel Revilla)知事は、カタルーニャ州の独立を公約に掲げているアルトゥール・マス州知事に対して「馬鹿な真似はやめろ」と、分離独立の機運を煽る行為を批判、そして、「(カタルーニャ州の重要な水源の一つの)エブロ川に続く沼地(水源)はカンタブリアにある。」と21日に語ったことが、ヨーロッパプレスにより分かった。


メネンデス・ペラヨ国際大学で行われた、「安全で持続可能なエネルギーの等式」の集会に出席したカンタブリア州知事は「カンタブリアは様々な自然エネルギーを利用している。 カンタブリアの海はいつも風が吹いているし、太陽もいつも出ているし、エブロ川へ流れる水源も豊富だ。」と語った。


州知事はまた、「エブロ川は「怪しい」土地で生まれたわけではない。カンタブリアの土地から生まれたのだ。」と付け加えた。


アルトゥール・マス州知事を直接的に批判した知事に称賛の声を送る人も少なくない。


ソース

Revilla a Mas: "que no se ponga tonto que el pantano" del Ebro está en Cantabria

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。