otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

シリアの都市アレッポでスペイン人ジャーナリスト3人が誘拐か

|



スペイン人ジャーナリスト3人がシリアの街アレッポで誘拐(行方不明)されてから数日経っていたことが、ヨーロッパプレスが伝えたところにより、21日、分かった。


ヨーロッパプレスが外交筋に確認したところ、ジャーナリストのアンヘル・サストレ(Angel Sastre)、アントニオ・パンプリエガ(Antonio Pampliega)、ホセ・マヌエル・ロペス(José Manuel López)の三人。 


同情報筋はデリケートな問題のため、コメントを控えている。


パンプリエガ氏は、あるコンタクトの助けで、コバネまで潜入することが出来たという。 


3人はフリーランスのジャーナリストであった。


アントニオ・パンプリエガ氏は、様々なメディアと仕事をこなしつつ、自身のブログ「Un Mundo en Guerra」(戦争中の世界)で、世界中の戦争に関する情報を2008年より発信している。 


アンヘル・サストレ氏もまた、いろいろなメディアと契約を交わしており、カメラと共に、ラテン・アメリカ、中東などを取材している。


ホセ・マヌエル・ロペス氏は、フォトジャーナリストで、世界中の戦争を取材している。 パリで行われたPx3Prix賞で、金賞を受賞していた。



ソース

Secuestrados tres periodistas españoles en la ciudad siria de Alepo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。