otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード市 ウェッブサイト「ベルシオン・オリヒナル」(Versión Original)メディア名公表しないよう変更予定。

|

マドリード市が運営するウェッブサイト「ベルシオン・オリヒナル」(Versión Original : 以下VO)にメディア名を記述しないよう変更する予定だとカルメナ市長は公表した。


VOは、マドリード市が運営するウェッブサイトで、マスメディアが報道する内容と、マドリード市が意図する事実に齟齬が発生した場合、このサイトで市が指摘するというもの。 同ウェブサイトでは既に、「来年から観光税を導入する予定」に関して事実関係を整理した記事が掲載されている。 


以前の記事では「エル・パイス紙によると」などと、メディア名が記載されているが、今後は、特定のメディア名を載せることをしないと発表。 


カルメナ市長は「我々は新しい試みを行っていると分かっているし、情報ソースの充実を望んでいる。 対話が足りなく、メディアを信頼していないと思わせてしまったことを申し訳なく思う。」「この機能は、政治的透明性を高めるためのものだ。」と語った。


また、このVOに関してポデモスのパブロ・イグレシア党首は、メディアの記事に対してコメントをすることが出来るのは「素晴らしい」と語り、「この企画は、情報の検閲ではない。 その反対だ。」と、カルメナ市長の計画に全面的に賛成した。 「もしエラーがあるとすれば、コメントを付けられないことだ。」と、地元ラジオ「オンダ・セロ」のインタビューで語った。


マドリードVO


ソース

Versión Original introduce cambios como evitar menciones a periodistas

Iglesias defiende V.O. y apunta como mejora la posibilidad de comentar las noticias

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。