otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バレンシア州 アドール市  シエスタ(昼寝)の時間は静かに。

|

16日、バレンシア州アドール市市長は、シエスタの時間(14時から17時の間)は静かにするよう市民に対して告示。 この時間の間、子供たちは家の中にいるよう要求したことが、ヨーロッパプレスにより分かった。


アドールのジョアン・ファウス市長によると、「市民は畑で働いている。 今、夏の時期は、暑さを避けるため、早起きをするのが習慣だ。 したがって、人々は昼食を済ませた後、シエスタ(昼寝)をしたいのだ。」と、語った。


したがって、告示された文によると(毎年夏に掲示されているが、明示的に言及されているのは、「子供たちは家の中にいて、外でうるさくするのを避けるべきだ」などと書かれている。 1,400人しかいないこの街は、毎日昼食の後に静かになる事から、「ゴーストタウン」として有名。


この様なことから、アドール市は毎年夏に新聞等で告示を行い、市民に対して「子供が外で騒がないようコントロール」したり、「テレビのボリュームを大きくしないようにしたり」、「オーディオ機器の音量を大きくしないよう」勧めている。


この暑さでシエスタを行うと、窓を開けて寝るしかない。 そうすると、どんな騒音でも起きてしまう。


市長は最後に「これは政令でも、義務でもない。 単に勧告だ。」と締めくくった。

El alcalde ha insistido en que "no se trata de un decreto ni una obligación, simplemente una recomendación".



ソース

Ador: silencio a la hora de la siesta

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。