otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

今年の夏、空き巣に合わないための情報5つ

|

夏が来ました。 スペインでは夏休みの期間が長いので、9月中旬まで空き巣の被害が増えます。

ヨーロッパプレスが空き巣の被害に遭わないための情報5つをまとめていたのでご紹介いたします。


  • 夏の期間、スペインでは33分に一回の頻度で空き巣の被害が発生。
  • 2014年、一番空き巣の被害が多かった「日にち」が7月21日と8月11日。
  • 空き巣の被害のうち、シャレー(一軒家)が69%、住宅団地にあるシャレーが12%、ピソ(アパートメント)が19%の被害に遭っている。
  • 夏の期間のうち、シャレー(一軒家)はピソ(アパートメント)にくらべ、空き巣に入られる危険度が20%増える。
  • 空き巣の被害が一番多かったのがクエンカ(Cuenca)、セビリア(Sevilla)、カディス(Cádiz)


空き巣の手口も巧妙になり、犯罪グループを形成するようになっています。 かれらはソーシャルネットワーク等を駆使して、住民がいない日を的確に狙ってくるようになっています。 旅行の写真を旅行先でネットにアップするのは控えましょう。


ソース

5 datos sobre los robos en verano que (quizás) no sabías

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。