otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサ会長選候補者超短縮公約

|

7月18日、バルサ会長選に出馬する候補者たちのディベートが行われた。


細かいディベート内容はさておき、各候補者の公約を超簡単にご紹介


バルトメウ

「バルサが世界一のスタジアムを持つことが出来ることを目指す。 そして地域に対してオープンにして行きたい。」


ラポルタ

「今後もずっとバルサを勝たせていきたい。 選手達を快適にプレーさせてあげたい。 そしてユニセフに戻ってきてもらいたい。」


ベネディト

「全ての人にクラブをオープンにしたい。 みんながみんな100ユーロを払ってカンプ・ノウに来られるわけでないのだ。」


フレイシャ

「カンテラの出身選手の重要性が無くなった。 今のバルサはあのギャラクシー軍団と同じモデルだ。」


ソース

Los cuatro candidatos a la presidencia exponen sus propuestas marcadas por el desacuerdo en el patrocinio de Qatar 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。