otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ自治大学(UAB)セリアック病検査時間を劇的に短縮

|



バルセロナ自治大学(UAB)は13日、グルテンアレルギーであるセリアック病の新しい検査方法を開発、10数分でセリアック病かどうか分かる様になったと公表した。


UABの研究者の一人であるマリア・イサベル女史は、「初期試験では、今のところ100%の検知能力がある。」と発表。


今までは、専門の研究室で血液や、遺伝子を生体検査する必要があり、検査には1,2週間かかっていた。 この新しい検査方法は「セリファスト」(Celifast)と名付けられた。


ソース

LA UAB crea una prueba no invasiva para detectar la celiaquía en 10 minutos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。