otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レオポルド・ローデス氏、交通事故で死亡

|


写真はカタルーニャプレスが独自に入手した写真。


ペインの企業家で、バルセロナ現代美術館(MACBA)財団の会長のレオポルド・ローデス氏が8日、氏の運転手が高速道路AP-7をフランス方面に運転中、トラックと接触し死亡したことが、カタルーニャ州警察の発表で分かった。


ローデスさんは1935年バルセロナで生まれ。 様々な銀行の重役を務め、自動車組合の副会長、リセウ大劇場や、パラウ・デ・ラ・ムシカ音楽大聖堂の重役も兼任、1992年バルセロナオリンピックのプロモーターも務めた、カタルーニャでは多大な影響力を持つ企業家であった。


警察当局の発表によると、事故原因は現在調査中。  車の運転手は救急病院に搬送されたものの、軽傷で、現在は退院している。

スペインメディアは事故現場の映像を一切流していない。




ソース

MOSSOS(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。