otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサ会長選 立候補者正式に決定

|

FCバルセロナの選挙委員会のラファエル・ヘレラ会長とジョルディ・カサルミグリア委員は、バルサ会長選挙立候補者4人を正式に決定した。


会長選に立候補できるのは「ソシオ」から少なくとも2,534票の署名が必要で、この条件を満たした仮立候補者以下四人が正式に立候補者となった。

ジョセップ・マリア・バルトメウ

アグスティ・ベネディト

ジョアン・ラポルタ

トニー・フレイシャ


会長選の前哨戦ともいえるこのソシオの投票で、バルトメウが最多の8,554票を獲得、ラポルタが4,272票、ベネディトが3,367票、フレイシャが3,068票を獲得。


FCバルセロナの会長選挙は7月18日に行われる予定で、投票所はLa explanada del Auditori 1899にて行われる予定。


投票受付時間は18日の朝9時から夜21時まで。 当日は投票所から遠くに住んでいる有権者のためにバスなどの輸送手段を手配する予定。


ソース

Bartomeu, Laporta, Benedito y Freixa, candidatos oficiales



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。