otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

UGT、CCOOら労働者組合 バルセロナ市役所に夏の期間日曜日に店を開けないよう要請

|


UGT(スペイン労働総同盟)とCCOO(スペイン労働者委員会)は6日、昨年から批准された7月1日から9月15日の夏のバケーション期間、日曜日に店舗を開ける事ができるという政令を撤回するよう求めたことが、ヨーロッパプレスの報道で分かった。 


労働組合はこの政令に対し「商業の自由化と、(労働)時間の規制の撤廃」とし、誰に対しても利益を与えていないと考えている。


組合側は労働者に対して労働時間、給料、仕事と私生活の調整等の面で労働環境が悪化していると考えており、また雇用者も開店時間を延長するために余計な労働者を雇わなければならないため、企業側にも不利益だと考えている。


ソース

UGT y CC.OO. piden este lunes no abrir tiendas en Barcelona los domingos de verano


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。