otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ギリシャ 緊縮政策に「NO」 61.4%

|


トロイカが提案した緊縮政策にギリシャは「NO」と答えた。

内務省によると、開票率90.72%の地点で61.4%が「NO」、38.6%が「YES」と答え、事前の調査では拮抗していたものが、はっきりと「NO」に傾いていることが分かった。


ギリシャ政府は以前より国民に対し「NO」に投票するよう要請していた。 これにより、債権者ら(EU,IMF,ECB)に、国民の民意を背景により好条件の救済措置を引き出す狙いだと発表していた。 


さらに6日、自身のブログで「もう私は大臣ではない」というタイトルで、バルファキス財務相が辞任を表明。「首相が債権者らと合意に達する助けになると思い、辞任する。」「チプラス首相と、新しい財務大臣を全面的に助けていくつもりだ。」と語り、「ギリシャ人の勇敢な名誉の超人的な努力と、民主主義の「NO」という決断は、まだ始まったばかりだ。」と締めくくった。


ソース

El 'no' se impone en Grecia con un 61,31%

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。