otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ新市長アダ・コラウ ホテルの運営許可証発行一時停止

|


バルセロナ市は2日、ホテルの運営許可証発行を2016年第一四半期まで延期し、新しいライセンス発行基準を模索すると発表した。


これにより、現在保留中の運営許可証の発行および、新しく申請されている運営許可証の発行が一時凍結される。


アダ・コラウ新バルセロナ市長は記者会見で、ライセンスの発行を一時中止するのは必要なことで、カタルーニャの最大の観光地であるバルセロナ市内を観光客が安全に過ごすことが出来るよう、73の地区を再度調査すると発表。


このライセンス発行の一時中断による失業者の増加の可能性に関して、市長は否定している。


現在運営許可証の発行を保留している30のプロジェクトのうち代表的なものとして、現在バルセロナの水道局が入居しているトレ・アグバル(Torre Agbar)をホテル・パークハイアット系列が、高級ホテルに改装予定であるが、このホテルの運営許可証発行が凍結された。


さらに、ディアゴナル大通りと、グラシア通りの交差点にあるトレ・ダッチ・バンクも将来高級ホテルとして改装される予定であったが、ここも運営許可証の発行は凍結された。



トレ・アグバル



トレ・ダッチ・バンク



公式情報によると、市内には現在377のホテル、68,000部屋あり、ライセンスを持っているアパートメントは9,600戸ある。 去年バルセロナ市内だけで750万人の外国人観光客が訪れ、ロンドン、パリに次いでヨーロッパでは最大規模の観光の街である。


ソース

Barcelona suspende la concesión de licencias turísticas y prepara una nueva regulación 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。