otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

チプラス首相  トロイカの提唱する緊縮政策に「NO」へ投票呼びかけ。

|



7月1日 チプラス首相はスペイン時間16時頃から記者会見を開き、日曜日に行われる予定のトロイカの提唱する緊縮政策に賛成か反対かを国民に問う国民投票に「NO」(反対)に投票するよう呼びかけた。 これは、ギリシャ政府が債権者(主にIMF,ECB,EU各国)と、よりよい合意に達することを狙ったもの。 チプラス首相は会見の中で、今回行われる国民投票は、ギリシャがユーロ圏に留まるかどうかを問うものではないと強調。


さらにテレビの会見でEUとFMIからギリシャの財務を再建するための最高の条件を貰ったと語った。


「日曜日の行われる予定の国民投票に、「NO」と投票するよう呼びかけたのは、ユーロ圏から脱退したいから、というのは嘘だ。」とも語った。 「現在のギリシャの状況は一時的なものであるはずで、給料及び年金の減給をする予定はない。 海外に資金を送金しない人は、失うこともない。 皆さんにお願いする。 国民投票に「NO」と投票してほしい。」


ソース

Tsipras defiende el 'no' en el referéndum para un mejor acuerdo para Grecia


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。