otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジフテリアに罹患していた6歳の男の子死亡

|


ジフテリア菌に罹患していたジローナのオロト出身6歳の男の子は27日、現地時間の早朝バルセロナにあるバイ・デ・ヘブロン病院の集中治療室で死亡が確認された。


ジフテリア菌に罹患していることが分かり、同病院に搬送されてから28日目、懸命の治療の甲斐なく他界してしまった。


男の子の両親は反ワクチン主義者で、男の子にジフテリアのワクチン接種をさせていなかった。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。