otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス 一人が首を切られ、少なくとも一人が怪我 イスラミックステートの可能性も

|

ヨーロッパプレスがフランス地元紙ル・ドルフィネ(Le Dauphiné Libéré)から得た情報によると、男性二人がフランスのリヨン南東部、サン・カンタン・ファラヴィエ(Saint-Quentin-Fallavier)にある化学系企業の建物に押し入り、一人が首を切られ、少なくとも一人が怪我をしたことが分かった。


フランス現地紙の情報によると、事件が起こったのはフランスのリヨン南東部、サン・カンタン・ファラヴィエ(Saint-Quentin-Fallavier)にある化学系企業の工場内で、二人の男が車で工場へ押し入った。 その後ガスボンベによる大きな爆発があったとのこと。


フランス警察当局は二人を拘束。 犯人は手にイスラミックステートの旗を持っていたという情報も入っている。


フランス内務相と、反テロリスト検事は事件の詳細を知るために同工場に向かっていると現地紙は報じている。

ソース

Una persona decapitada en un presunto ataque islamista en el este de Francia

Attentat de Daesh à Saint-Quentin-Fallavier : un homme interpellé

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。