otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ市役所、サンジョアン前夜祭に115人の消防と警察を増強

|

バルセロナ市役所はサンジョアンの前夜祭を控え、115人の消防団員と、グアルディア・シビル警察をバルセロナ市内、バルセロナ海岸など、人が密集する場所を中心に警備を強化することを発表した。


夜中の警備には、アルコールや麻薬を取り締まる検問なども行われる予定。 今年は115人の消防団員を補強する。 これは昨年より15人少ない数字であるが、救急番号080の応答オペレーションは保証している。


清掃業務に関しては24日早朝6時から始まり、856人の清掃員、200台の清掃車が参加する予定。 さらに24日朝10時には清掃を完了できるよう、特別に308人、51台の清掃車、500以上の段ボール製ごみ箱、84個のゴミコンテナーがバルセロナ海岸に設置される。


現在のところ、バルセロナ市役所は合計で80か所のかがり火(Hogueras)を許可している。 ほぼすべての箇所で、ラ・フラマ・デル・カニゴ(カニゴ山から消えない火がサン・ジャウメ広場に届く)が行われた直後に火がつけられる予定。


グラシア通りや、カタルーニャ広場はかがり火(Hogueras)のイメージとして、赤と黄色にイルミネーションが施される。


カタルーニャ州政府が許可した今年の爆竹・花火販売所の数は114のでみせ、55の販売所で、昨年より26か所多くなった。


ソース

Barcelona activará 115 bomberos y reforzará la Guardia Urbana en las zonas concurridas 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。