otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード新市長 公立学校の清掃業務を生徒の母親にさせることを視野

|

マドリードのマヌエラ・カルメナ新市長は現在、市の契約している企業の様々な出費を見直している。 その中で公立学校の清掃業務を現在契約している大企業から、通学している生徒の親(母親)に任せることを視野に入れていることがヨーロッパプレスの取材で明らかになった。


取材の中でカルメナ市長は「実際、多国籍企業の労働者が給料を受け取るよりも、彼ら(親)が給料を受け取ったほうがいいのではないか。」「働く場所が近く、自分の子供たちの近くで仕事できるのはうれしいことではないか。」などと語った。


「一朝一夕に物事を変えることはできない。 今契約している清掃会社と今後、契約形態を少しずつ変えていかなければならない。」「ただ、マドリードは汚い。 もっときれいな街にしたい。」と締めくくった。


ソース

Carmena baraja que sean cooperativas de madres las que limpien en los colegios

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。