otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

原子力発電所Vandellós II(タラゴナ)「加圧器逃し弁」周りに故障が見つかる

|

今回故障が発見されたのは、この発電所が4月25日から行われていた燃料の入れ替え作業を終えたのち、試運転を行ったところ、加圧器逃し弁が正常に作動せず、調査を進めた。 その結果、この装置の電源ケーブルに問題があったことが分かった。 


技術者によると、発電所の燃料入れ替え作業で施設を停止させたとき、この装置が正常に作動していなければならないはずだと指摘。 燃料入れ替えのために施設を停止させた4月25日から現在まで、どうしてこの部分に故障が起きたのか調べている。 問題となたケーブルは5月25日に設置されていた。


この事故による影響は、労働者、近隣住民、環境への影響はなく、国際原子力事象評価尺度(International Nuclear Events Scale:INES)ではレベル0に暫定的に分類された。


同発電所は今年に入って2度事故を起こしているが、いずれもレベル0

そのうちの一つは2月3日に、強風で送電線が切断され、発電所が自動的に停止していた。

もう一つは、この原子力発電所と原子力安全委員会の緊急対策室との連絡用プログラムが削除されてしまっていた。



ソース

Un fallo en una válvula lleva a la central de Vandellós a estar en "situación no permitida" 

Vandellós II notifica una pérdida programada de comunicación con la Sala de Emergencias del CSN
La nuclear Vandellós II sufre una parada automática al perder la conexión con la red

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。