otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ新市長 強制立ち退きに関するプロトコルと構造的な解決を優先事項とする。

|



バルセロナのアダ・コラウ新市長は、15日、記者会見を開き、強制立ち退きに関する構造的な解決を優先事項の一つとすることを発表した。


13日土曜日、バルセロナの新しい市長となったアダ・コラウ市長は15日に記者会見を開き、優先事項の一つとして強制立ち退きを防止するための構造的な解決を目指すことを発表。 そのための自治体の資源の再確認と、強制立ち退きのプロトコルを見直す予定だ。 


アダ・コラウ新市長は、ノウ・バリス(Nou Barris)地区の立ち退き件数が多いことから、この地区への担当官を補強し、調査を強化する予定。 また、金融機関、住宅物件所有者が所有する空き家を、立ち退きを強いられた家庭に提供するための協力体制を強化。 また、立ち退きさせられた家庭を受け入れる公共団地の増設を予定。


これらに加え、ノウ・バリス地区における雇用状況の改善にも着手し、パートタイム労働者が大半を占めるこの地区の労働者に、フルタイムの労働を創出するよう改善していくと公表した。 


ソース

Colau buscará soluciones estructurales contra el desahucio y reforzará recursos y protocolos 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。