otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード新市長マヌエラ・カルメナの公約

|

これまでラホイ首相主導で行われてきた緊縮政策に異を唱えるこのAhora Madrid党首はどのような公約を掲げているかおさらいをしてみる。 主要な公約は5つで、彼女が市長になった際、100日以内に以下の公約を実現すると、選挙中では語っていた。


  • 1.自治体の全ての手段と資源を使用し、家を差し押さえられた人及び立ち退きさせられた人のための代替住宅を確保する。
  • 2.公共サービスの民営化の停止、大企業への公共事業のアウトソーシング停止、公有財産の売却停止。
  • 3.基本的な資源(電気、水)代を支払うことが出来ない世帯への、それらの資源の保証
  • 4.全ての市民の要望と健康促進を含む保健サービスへのアクセスの保証
  • 5.長期失業者及び若者の雇用のための緊急計画を策定

この他にも重要と見られる公約として、

公共事業の保守契約や、サービス、追加コストに焦点を当て、技術的、社会的な制御の下で、公的債務の公開監査を実施。


市内に無料アクセスポイント設置


幼児教育の無料化、必要であれば、朝ごはんも給食として採用。


教育、スポーツ、文化施設の営業時間の延長。


マドリード市に新しく文化課と性平等課の設置


PPによって策定された、都市開発計画の停止。


自動車道制限時速30キロメートル制限エリアの増設。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。