otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジフテリアに罹患した男の子の地元、ジローナのオロト。 ワクチンを接種していない子供47人の親、ワクチン接種拒否。

|


2週間前からジフテリアに罹患し、バルセロナのバイ・デ・ヘブロン病院の集中治療室で治療している男の子の地元、ジローナのオロトでは現在6歳以下のジフテリアのワクチンを接種していない子供が合計47人おり、未だにワクチン接種を拒否している。


カタルーニャ州の保健省当局ボイ・ルイス保健相は12日、記者会見を開きオロトの自治体には現在ジフテリアのワクチンを接種していない子供が47人存在し、彼らの親は今でもワクチンを接種させないと決めていることを公表した。


「現在専門家がこの地域の家庭に、学校を通してワクチンの利点を説明して回っており、反ワクチン団体の言い分と比べられるようにしている。」と、ボイ・ルイス氏。 また、11日にテレサ・フォルカデス修道女が、予防接種をしない家庭を擁護したことに対して「深刻さが足りない。」と批判した。


ボイ・ルイス氏はさらに「現在中央政府に、小児水痘、ジフテリアなどのワクチン接種の義務化を要請した。 もし、これを拒否されれば、我々だけでやらなくてはならない。」と語った。


ソース

Padres de 47 niños de Olot siguen sin vacunar a sus hijos


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。