otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フェリペ6世 クリスティーナ王女の称号取り消す。

|


12日付の官報で、国王フェリペ6世の姉、クリスティーナ王女が称号をはく奪され、王室から外されることが伝えられた。


今回のフェリペ6世の決定は、クリスティーナ王女とその夫の非営利団体を通して公的資金横領を行っていた疑いで、裁判が行われている。  横領された金額は数百億ユーロに上るといわれ、王女とその夫ウルダンガリンが所有していた会社が使われていたとされている。 2011年11月7日に初めて反汚職検察当局がこの会社の本社に捜索に入ってから昨日まで、王女と王室で綱引きが行われていた。 結局王室がクリスティーナ王女の称号をはく奪することで決着。


スペイン王室の発表によると、ロイヤルファミリーは

国王フェリペ6世

王妃レティシア

レオノール

ソフィア

元国王ホアン・カルロス

元王妃ソフィア


称号を取り消されたので、その称号が入った道の名前も変わる。

その様子はこちらから。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。