otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジャーマンウィングス  アンドレアス・ルビッツ副操縦士、5年間に41回も通院していた。

|


今年3月24日に、乗客150人を乗せてフランスのアルプス山脈に故意に旅客機を墜落させたとみられる、アンドレアス・ルビッツ副操縦士は、過去5年間に41回も病院に通院していたことが12日、マルセイユ検察当局のブリセ・ロビン氏(Brice Robin)の説明で分かった。


同氏によると、ルビッツ副操縦士は深刻なうつ病、精神病、さらに視力に問題があった。 また、ルビッツ副操縦士は同僚に重度の精神病を患っていることを隠しており、インターネットで自殺の方法を探していた形跡もあった。 


この結果をうけ、検察当局はなぜルビッツ副操縦士の精神病を発見できなかったか、ジャーマンウィングスに対し捜査を開始、事件の責任、刑罰などを含め捜査を進めていくと公表した。


ソース

41 médicos atendieron a Andreas Lubitz en cinco años

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。