otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ルーゴで大量の銃器を押収 スペイン・ガリシア

|


銃器コントロール総合プラン(PICAF)の枠組で、「オペレーション・ガランド」が第2フレーズに移行。 ア・コルーニャ出身の男性を銃刀法違反の容疑で10日、逮捕した。


ガリシアの警察当局はさらに、男性がルーゴに所有する秘密の作業場に立ち入り、大量の銃器を押収した。 押収品はアサルトライフル30丁、サブマシンガン18丁、拳銃47丁、ライフル12丁、リボルバー拳銃3丁、サイレンサー10個、火薬5キロ、様々な口径の薬莢13万個、関係書類、改造銃器を修理する用のパーツなど。


スペイン警察当局は2014年にコルドバで大量の銃器を違法所持していた男性を逮捕してから、PICAFを設置、海外で発砲できないように改造された銃器を輸入し、それを修理して通常の銃器として扱えるようにしている犯罪グループ、もしくは個人を摘発している。


関連記事

スペイン 武器密輸で7名逮捕

ソース

Detenido con 110 armas y un taller clandestino para alterarlas

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。