otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ UEFAにベルリン空港が十分なサービスを提供しなかったとしてクレーム。

|


FCバルセロナは7日、UEFAに対し帰りの際、ベルリン空港が最低限のサービスをバルサファンとソシオに提供しなかったとして、正式に訴えた。 さらにクラブチームは、ファンとソシオに対して不便をかけたことを謝罪した。


UEFAはFCバルセロナがチャーターした旅客機の離発着ターミナルとして、普段は使われていないターミナルを特別にバルセロナファンたちにサービスを提供できるようにしていた。 


試合後、多くのバルサファンが空港に押し寄せたにもかかわらず、空港の設備は最低限のサービスしか提供されておらず、障碍者に対しても十分なサービスを提供していなかった。 


午前1時から午前5時の間、5千人以上のバルサファンたちは普段使われているターミナルからUEFAが指定した普段は閉鎖されているターミナルに移動しなくてはならなかった。 FCバルセロナの文章には「重大な”事故”に見舞われた」と書かれていた。 


また、重大な遅延が起こった理由として、大勢のファンがいるにもかかわらず、そのガイドにあたったのが滑走路職員で、4人しかいなかったと批判。 さらに、空港内のメガホンも動作せず、水のボトルの値段もぼったくり価格に設定していたと語っている。 


特に、クラブチームのオフィシャル旅行代理店のスタッフが一度も空港の責任者と連絡が取れなく、UEFAの担当者とも連絡が取れず、重大な事故と批判。 また、FCバルセロナ旅行社は、滑走路内移動用バスの運転手が新人で、滑走路の場所を十分に把握していなかったとして、クレームを出している。


ソース

FC Barcelona critica los "incumplimientos" de la UEFA y las autoridades aereoportuarias 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。