otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

投資家ビザ改訂 50万ユーロの住宅物件を購入したらビザ発行 スペイン

|

非EU在住の投資家たちに、居住許可を与える法律が改定される。

この投資家ビザは、国債、投資ファウンド、企業、50万ユーロの住宅不動産を購入した投資家に与えられる。  


このビザを取得するにはまず、以下の条件を満たす必要がある。


  • スペイン国内にいない。
  • 18歳以上の成人
  • 現在住民登録をしている国で過去5年間と、スペイン国内で、スペインの裁判所からの命令による犯罪履歴がない。
  • スペイン政府が契約を締結している国の国外退去命令を下されていない。
  • スペイン国内でも有効な公的もしくは民間の健康保険と契約している。
  • スペインに居住するための十分な経済的資源がある。(月2,130ユーロ、家族一人増えるごとに532ユーロが加算される。)
  • ビザ申請のための手数料が必要。


これらを踏まえたうえで、申請できるビザの種類は7種類(そのうち1種類は家族用ビザ)



ベンチャーキャピタルビザ

200万ユーロ以上のスペイン国債を保有する、もしくは100万ユーロ以上の株式を所有する、もしくはスペイン企業に100万ユーロ出資する、もしくは100万ユーロをスペインの金融機関に預金する。 さらに、申請者は申請時から60日以内に何らかの必要最小限の量の投資が行われていることを証明しなければならない。 


非上場株式や、株式へ投資した場合には、経済・協力省の投資が行われたという証明書が必要。


株式へ金融仲介機関を介して投資した場合、申請者はスペイン銀行、もしくは国内証券市場委員会による金融仲介業者の証明書が必要。


国債を購入した申請者は、金融機関の証明書、もしくはスペイン銀行の証明書に記載される投資者と申請者の名前が一致しなければならない。さらに国債は5年以上のものに限る。

銀行へ預金する場合は、金融機関の預金証明書の名前と、申請者の名前が一致しなければならない。


レジデンスビザ

このビザを申請することが出来る外国人は、50万ユーロの不動産を購入した者。 さらに不動産の所有権を取得しているという証明書が必要。 この証明書は、申請する日から逆算して90日以内に発行されたものに限る。 ビザ申請時、登記を行っている最中で、証明書がない場合、不動産の登記中である事の証明書と、税金の証明書の提出が義務付けられる。 申請者は、50万ユーロ以上の不動産物件を購入できるのに十分な資産があることを証明しなければならない。 


起業家や、企業活動のためのレジデンスビザ

スペイン国内で展開する予定のプロジェクトで、一般的な関心とみなされる事業計画を提出する必要がある。 また、1年間準備期間として居住許可が与えられる。 まず最初に、申請者は展開する予定の土地の該当のオフィス(Oficina comercial)に事業計画書を提出しなければならない。 また、申請者は法的に、タックスヘイブンと見られる場所に住民登録されていてはいけない。 


特別専門家滞在ビザ

企業は、その技術革新を行うため、特別な専門家をスペイン国内に呼ぶためにビザを申請することが出来る。 このビザはUnidad de Grandes Empresas y Colectivos Estrategicosによって許可される。


研究研修ビザ

公共、または民間企業での研修、研究、開発、技術革新に従事する事を希望する外国人はこのビザを申請する事が出来る。

研究スタッフは、科学技術イノベーション条項第13条と追加条項 Ley 14/2011 de 1 de junioに基づいていなければならない。 科学者、もしくは技術者はスペイン国内にあるR&Dを行っている企業の科学研究、開発、技術革新で仕事を行うことが出来る。

研究者は公共、民間企業との契約によってスペイン国内で研究等を行うことが出来る。

スペイン国内に存在する機関、高等教育、研究、組織、ビジネススクール等の教師


事業譲渡による居住許可ビザ

スペイン国内の企業、もしくは他の国にある企業が専門的な動機による企業のスペイン国内への移転による居住許可の申請を行うことが出来る。これは、Unidad de Grandes Empresas y Colectivos Estrategicosによって許可される。


家族のための居住許可ビザ

新しい法律では、配偶者と18歳未満の子供、もしくは18以上で健康上の理由により、介護が必要な場合、家族のための居住許可ビザを申請する事が出来る。 基本的な要件に加えて、家族関係を証明する必要がある。



この記事は抄訳されたもので、法的に正確に訳されたものではありません。 この記事を元に居住許可を申請して被った被害に関して弊社はなんら責任を負うものではありません。 詳しくは専門家に相談して、間違いなくビザ申請をすることをお勧めします。 また、バルセロナで不動産物件をお探しの場合、Hjaponをお勧めいたします。


ソース

Visados Ley de Emprendedores 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。