otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バイ・デ・ヘブロン病院に入院中のジフテリアに感染した男の子 重症であるが安定している。

|


ジローナ・オロト出身の男の子(6歳)がジフテリアに感染し、先週の土曜日からバイ・デ・ヘブロン病院の集中治療室で治療受けている件で、同病院は「重症であるが、安定している」と発表。 スペインでこの病気を発症したのは1987年以来とのこと。


ヨーロッパプレスの情報によると、「すべて同じ、治療の成果を待つ以外にない。」と語り、現在ヨーロッパのどの国もジフテリアの解毒剤を所有しておらず、ロシアから解毒剤が届くのを待っているとのこと。 


ジフテリアのワクチン接種は義務化されておらず、男の子の両親による判断でワクチン接種を行っていなかった。


ソース

El niño con difteria permanece "estable dentro de la gravedad" en la UCI del Vall d'Hebron 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。