otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ保健省、ジフテリアに感染した子供の家族や友人たちを調査。

|



カタルーニャ保健省は、3日、オロト出身の6歳の男の子がジフテリアに感染し、バイ・デ・ヘブロン病院に入院していることを受け、感染経路や2次感染がないか、男の子の家族や友人らを調査していると発表した。


現在男の子はバルセロナのバイ・デ・ヘブロン病院に入院中、全力で治療にあたっている。 現在一命をとりとめてはいるが、まだ予断を許さない状況であると、救急病棟のミレイア・ジェーン医師は語っている。


現在のところ男の子は、この1週間の間に外国や、外国人と接触した情報は入っていない。


ジフテリアは、保菌者の咳などで飛まつ感染してしまう。 


ジェーン医師はこのようなことが無いよう、生後数か月したら赤ん坊へのワクチン接種を勧めている。 今回感染した男の子は、ワクチン接種をしていなかった。


ソース

Salut hace seguimiento de la familia y compañeros del niño afectado por difteria 



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。