otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

​スペイン エアバスA400M墜落事故 第1,2,3、エンジンが停止していた。

|



5月9日にセビリアでテスト飛行中に墜落した最新型軍用機エアバスA400Mの事故を受け調査を行っていた軍事航空機事故調査委員会(CITAAM)は、データレコーダー(DFDR)とボイスレコーダー(CVR)を調査した結果、離陸後、同機体の第1エンジンから第3エンジンまでが停止して、事故当時第4エンジンだけがパイロットの操作に対して反応していたことを明らかにした。


発表された調査結果によると、4つあるエンジンのうち、離陸後まもなく第1エンジンから第3エンジンまでが推進力がなくなり、搭乗員が推進力を通常の方法で戻そうとしたにもかかわらず、反応しなかった。 結局第4エンジンだけが推進力を上げる操作に反応を見せたと発表した。


乗組員は推進力を下げるために「フライト・アイドル(Flight Idle アイドリング飛行)」にパワーレベルを下げ、これに成功。 しかしながら、その後推進力を上げる操作をしたものの、3つのエンジンは「フライト・アイドル」状態を保ったままだった。


エアバス社は、予備調査では他の全ての危機は正常に作動していたと明らかにしており、他のシステムにかんして、飛行中変わったところはなかったと発表。


エアバスD&S社5月19日に、A400Mが納品されているトルコ、英国、フランス、ドイツ、マレーシアの当局に対し、エンジン用電子制御ユニットECUのチェックを行うようにと通知を出していた。


A400Mのデータによって、同機体が飛行中に、パイロットの操作により、パイロットの意図しない命令が送られ、推進力が維持されない事故があるとしている。 したがって、エアバスが飛行中でないと検出されない事故だった。


警告は電子制御ユニット(ECU)で発せられたことから、ソフトウェアの障害、もしくはこのパーツの根本的な設定の可能性があり、したがってこの部分の部品が事故原因の可能性がある。


ソース

Tres de los cuatro motores del A400M sufrieron una congelación de la potencia y los pilotos no lograron controlarlos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。