otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ主将チャビ・エルナンデス 「(国歌へのブーイングが)なぜ起こったかを検証すべき」「処罰すべきではない。」

|

先週の土曜日に行われた国王杯最終戦アスレチック対バルセロナの試合前の国歌演奏中に、会場からブーイングが巻き起こり、ほとんど国歌が聞き取れなかった件で、スペイン中央政府が「Comision Estatal contra la Violencia, el Racismo, La cenofobia y la Intolerancia en el Deporte(スポーツでの反暴力、反人種差別、反外国人排斥、反偏狭国家委員会 )」を招集し、現在両クラブチームに対してどのような処罰を下すか情報を集めている件で、2日、FCバルセロナ主将チャビ・エルナンデス選手が記者会見で「ブーイングは凄まじいものだった。」と語った。


「我々は民主主義の中に生きている。 人々は表現の自由を持っているはずだ。」と語り、「なぜこのブーイングが起こったか考慮しなければならない。 処罰するべきではない。 なぜ起こったかさらに質問しなければならない。 処罰するべきでない。 それが私の意見だ。」と” 処罰するべきでない”と2回発言し、強調した。 


バルサのオフィシャルページでは、この部分は削られている。



ソース

Xavi Hernández: "Se tendría que valorar el por qué de los pitos y no sancionarlos"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。