otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

今年もやってきました。一か月間フラメンコ漬けになる 第10回スマ・フラメンカ、明日より開催 マドリッド

|


マドリッド市が主催する一か月間フラメンコ漬けになれるお祭りスマ・フラメンカが6月3日より開催。


マドリッド市内以外にも、Alcala de Henares、Aranjuez、La Cabrera、San Lorenzo de El EScorial等、合計5つの地域、21の舞台で開催予定。 コンサートの他に、写真展、フラメンコにまつわる映画、ワークショップなども開催され、合計373ものイベントが開催される。


テアトロ・フェルナン・ゴメスでは、期間中ずっと「アントニオ・ガデス スペインダンスの50年」の写真展が行われる。 同じテアトロの、Jardiel Poncela舞台では毎週土曜日(6月6日、13日、20日、27日)17時から子供と楽しめるフラメンコ・キッズも行われる。


La Cabreraでは、スペインでも数少ない「ギターを弾きながら、カンテ(Cante)を歌う」イングエタ(Ingueta)が舞台に立つ。


6月8日月曜日20時30分から、Sala Azonaでパコ・デ・ルシアのドキュメンタリー映画が上映される。


El Corral de la Moreríaでは土曜日6日の深夜00:15から「魔女の夜」(Las noches brujas)と題したフラメンコ歌手MaríaMezcleのニューアルバム「Desnuda」のコンサートを行う予定。



各フラメンコのコンサート等は入場料が異なるので注意が必要。

各入場券はこちらから


詳しい情報はこちらより。

Suma Flamenca


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。