otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

国民党(PP)バルセロナ市長立候補者アルベルト・フェルナンデス 国歌の邪魔は許されない。

|


国民党(PP)のバルセロナ市長立候補者アルベルト・フェルナンデス氏は、1日、先週土曜日にカンプ・ノウで行われたコパ・デル・レイ(国王杯)最終戦バルサ対アスレチックのオープニングで国歌が流れた時、会場からブーイングのような歓声が巻き起こり、国歌が掻き消された事件を受け、「国家のシンボルに対する侮辱だ。」と語った。 


PPの情報によると、フェルナンデス氏は中央政府とサッカー連盟と立場を同じにし、今後このようなことが無いようにしなければならないと語った。


また、「スペインの国王杯が嫌いならば、参加しないという選択肢がある。」と語った。


ソース

Alberto Fernández considera "infames" los silbidos al himno nacional 


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。