otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン人の6%が盗難の被害に遭っている。

|

スウェーデンに本社がある、セキュリティー企業セキュリタス・ディレクト(Securitas Direct)のアンケートによると、6%のスペイン人が盗難の被害を受けていたことが分かった。


さらに、30%はこの2年のうちに被害に遭った人が周りにいると答え、38%は2年以上前に被害に遭った人を知っていると答えた。 また74%のスペイン人は盗難にあった近くに住んでいたと答えた。


今回の報告書によると、48%の市民が住宅のセキュリティーに何らかの不安があると答えている。


今回のアンケートは30歳から65歳の2005人を対象にしたもの。 68%のスペイン人はこの2年で盗難の危険が増していると感じていると答えた。 


セキュリタスのデータによると、1年のうちにピソが盗難の被害に遭う確率は0.62%、シャレーは1.22%。 すべての住宅タイプで、地方別にみた盗難に遭う確率が高いのは、トレドが3.4%で一位、ウエルバで3.3%、セビリアで3%、クエンカが2.9%となった。


ソース

Un 6% de los españoles ha sido víctima de un robo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。