otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アップルウォッチを使用して罰金 世界初 ケベック州

|

ケベック州出身のジェフリー・マセシンさんが、スマートウォッチ(アップルウォッチ)を使用して罰則を受けた最初の人となった。


マセシンさんは、運転中アップルウォッチを使って車内で聞いていた曲の選曲を行っていた時、警察官に発見され120ドルの罰金と、交通違反の点数を何点か引かれた。 実際に罰金の証拠は開示されていないが、新しいウェアラブルガジェットに影響を与え、現在の曖昧な規制に一石を投じた。


罰則切符はケベックの道路交通法439.1の「運転中、手を使う、電話の機能を含む如何なる機器の使用の禁止。」に違反したとのこと。しかしながら、ブルートゥースや、イヤホン等のハンズフリー装置の使用は許可されている。


スマートウォッチを着用するだけならば、罰則の対象とはならないが、「使用もしくは画面を注視する」行為は罰則の対象となるようだ。


ソース

Multado por usar su Apple Watch mientras conducía

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。