otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

高級クルーズ船「飛鳥Ⅱ」がビーゴに初寄港

|


ガリシアの地元紙が伝えたところによると、日本の高級クルーズ船「飛鳥Ⅱ」が初めてビーゴに寄港したことが分かった。 


2015年度の世界一周クルーズでは、バルセロナに5月18日に寄港、その後リスボンを経てビーゴに初めて寄港した。 この後、同クルーズ船はフランスのオンフルールに向かう。


ビーゴのイグナシオ・ロペス・チャベス港湾局長は、このクルーズ船に乗船しているのは870人の乗客と、470人の乗組員で、観光客の数としては決して多くはない。 しかし一日あたり600から2000ユーロを払ってクルーズしていることから、彼らは非常に高い購買力を持っていると指摘。 「(今回の寄港は)日本のクルーズの航路に将来的にビーゴを組み込んでくれる第一歩。」と、今後の安定的な日本のクルーズ船の寄港に期待した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。