otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州近郊電車セルカニアス(Cercanias)のコントロールセンターシステム障害 8万人以上の足に影響

|

カタルーニャ州バルセロナの近郊電車セルカニアス(Cercanias)にてフランサ駅(Estaciónde França)のコントロールセンターでシステム障害が起き、朝の通勤ラッシュ時間6時25分から7時50分の間列車の運行が完全に麻痺したと、レンフェ(Renfe)とアディフ(Adif)が発表した。


カタルーニャ州セルカニアス責任者フェリックス・マルティン氏(Félix Martín)が公表した情報によると、利用者8万人以上に影響が出た。 12時頃には通常営業に復帰できると語った。(13時現在、未だにダイヤが乱れている。)


レンフェによると、コントロールセンターの障害が復旧したのは8時頃と発表、州政府の情報によると、9時頃には通常ダイヤより30分の遅れで運行している。


障害発生時、ほとんどの列車が駅に停止し、代替輸送サービスを使用するようアドバイスした。 


バルセロナの鉄道事故は頻繁に起こっており、5月5日にもR3とR4線で電車の機能が停止、他の列車に乗り換える必要が起きていた。


ソース

Los retrasos en Rodalies y Regional se reducen a 15 minutos desde las 12.00h. 

参考

Unos 80.000 usuarios de Cercanías de Cataluña, afectados por una avería en el Centro de Control

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。