otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2015年の自治州別教育レベルランキングが発表。 スペイン

|

5月11日、倫理専門家(Profesionales por la Etica)の調査により、スペイン国内の教育政策・教育ランキング(Las políticas educativas en España:Ranking de Excelencia Educativa 2015)が教育省を通じて発表された。


報告書によると、12歳から16歳の間の義務教育期間(Educación Secundaria Obligatoria:ESO)において、学生全体の75%が修了。 そのうち40%は留年しつつも修了している。



大学以外で、学生一人当たりの教育費用公共支出


パイス・バスコで6,572ユーロ 一位

マドリードが4,015ユーロ 最下位

平均は4,729ユーロ




教師一人が受け持たなければならない生徒数


パイス・バスコ 9.1人 一位

マドリード  13.2人 最下位

平均は 11.8人




パソコン一台に対する生徒数


パイス・バスコ  1.7人 一位

ムルシア  5.9人 最下位

平均は 3.1人



同報告書は全58種類の指標を総合的に評価して、2015年度の自治州別教育レベルランキングをまとめている。



2015年順位自治州名2011年順位スコア
1
パイス・バスコ18.80
2ナバラ27.64
3カスティリャ・レオン37.39
4マドリード57.08
5アストゥーリアス46.78
6ガリシア96.45
7カンタブリア66.31
8リオハ105.72
9アラゴン74.87
10カタルーニャ84.74
11アンダルシア143.53
12エクストレマドゥラ133.39
13バレアレス163.08
14バレンシア112.71
15ムルシア122.48
16カナリアス172.16
17カスティリャ・デ・ラ・マンチャ151.88



ソース


¿Qué comunidades tienen un mejor sistema educativo?

参考

Ranking de Excelencia Educativa 2015

LAS POLÍTICAS EDUCATIVAS EN ESPAÑA(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。