otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

多種化学物質過敏症の女性、立ち退きさせられる。

|


多種化学物質過敏症に苦しんでいた女優・モデル・プレゼンターのマリア・ゴレッティさんが2013年から家賃を滞納していたという理由で、サン・アントニ・マリア・クラレット通りにある賃貸アパートから立ち退き命令を受けた。 裁判所はアパートに朝9時に担当官を派遣、立ち退きさせたのち、彼女を病院へ搬送した。 その後、病院からホステル・ビラへと移った。


「私はこれ以上戦い続けることが出来ません。 すべてを失ってしまいました。 こんな部屋で私の人生を終えたくありません。」とマリアさんは語った。


マリア・ゴレッティさんは、現在38歳でガリシア生まれ。 18歳のころからバルセロナに移り住んで、過去にモデル・女優・プレゼンターなどを行っていた。 最後に仕事をしたのは2009年の婦人用品の宣伝。


立ち退き命令を受けたのはこれが初めてでは無かったが、実際執行されたのは今回が初めてだった。 2014年に彼女は3回もの立ち退き命令を受けていたが、PAH(住宅ローンの影響を受けた人々のための受け皿プラットフォーム)により、命令を無効にできた。 しかしながら今回の最後の立ち退き命令は市役所のサプライズで、誰も事前に彼女に通知をしていなかった。


今回の件で複雑な点は、重大な疾患を持つ社会的弱者マリア・ゴレッティさんは、以前より市役所から保護施設への入居を勧められていたが、マリアさんはこれを「死刑執行人に監視された生活」と言って拒否、現在のような状況になった。


ソース

Desahuciada una enferma múltiple en silla de ruedas 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。