otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州保健省 30の病院で欠陥人工器官・装具を置換された2,800人の患者を監視。

|


カタルーニャ州保健省の医薬品及び医療機器を管理する関係当局の責任者サルバドール・カッサニー氏によると、現在州の保健省はTraiber社製が販売し欠陥が認められた整形外科用の人工器官・装具を置換された患者2,800人の術後経過を監視していると発表した。 


カタルーニャの病院

サグラット・コル(Sagrat Cor)

キロン・イ・デルフォス(Quirón y Delfos)

サン・ジョアン・デ・レウス(Sant Joan de Reus)

等の病院で人工膝関節、人工肘関節、人工股関節などが置換された。 特にサン・ジョアン・デ・レウス病院ではTraiber社製の欠陥のある人工器官・装具を置換された患者が1,500人以上に上るとスペイン現地テレビTV3が報じている。


サン・ジョアン・デ・レウス病院は公立病院であるが、現在レウス市では、政治家と医療関係企業の癒着問題があり、先週レウス市の副市長が逮捕されたINNOVA事件の中心地である。 


カッサニー氏はTraiber社製の全ての製品に欠陥があるわけではないと語ったものの、問題のある20人の患者に対して再度徹底調査が必要であると語った。 2005年からTraiber社の人工器官・装具を置換された患者のモニタリングを行わなければならず、使用期限が10年とされている装置を交換するため、病院は患者とコンタクトをとらなければならない。


10月には警告されていた。


スペイン医薬品・医療機器機構(Agencia Española del Medicamentos y Productos Sanitarios)は去年の10月の段階で警告を発していた。 欠陥のある人工器官は、ライセンス無しで生産されており、欧州で販売される製品に取得が義務付けられているCE(Conformidad comunidad europea)マークを取得していなかった。


「私たちは徹底的に調査し、該当企業を封鎖した。 カタルーニャ州保健省は調査をほぼ終え、無限とも思える不正行為を発見した。 全ての調査はもちろんINNOVA事件と関連している。」とカッサニー氏は締めくくった。


ソース

Salud sigue a 2.800 pacientes con prótesis defectuosas implantadas en 30 hospitales



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。