otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長、スペインサッカー選手協会(AFE)に対し、連邦裁判所に申し立て書を提出。

|


スペインサッカー連盟(RFEF)はストライキを発表。 

これに続きスペインサッカー選手協会(AFE)もストライキを発表。

スペインサッカー放映権一括管理の政令による混乱が泥沼化。 収集する様子はない。


LFP会長ハビエル・テバス会長は8日、スペインサッカー選手協会(AFE)が無期限のストライキを行うと発表したことを受け、連邦裁判所に対し申立書を提出した。 会長は、「今回のストライキは不当なもの。」とし、「労働協定に全く則っていない。」と発表。 「今回の申し立ては、組合に対して行ったものであり、我々は彼らがストライキを行える何らかの労働協定違反は行っていない。」と、語った。 「我々はAFEと賃金等の契約を締結したのだ。 政令や、組合、連盟などが口をはさむことではない。 政府は、女性サッカーリーグや、Bチーム等の責任を企業の社会的責任に任せたのだ。もし彼らに更なる給料、住宅、年金などを分けたいのであれば、しかるべき方法で、団体交渉の枠組のなかで行うべきである」と、繰り返した。また、テバス会長は、予定された試合が行われなかった場合を想定して、被害額を計算しなければならないとし、「スポーツくじ、国内外のスポンサー等を考えると、私は少なくとも1試合につき5000万ユーロの被害が出ると思う。」と明らかにした。


今週でリーガが終らないことを祈りたい。


ソース

La Liga demanda a la AFE por la convocatoria "ilegal" de la huelga 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。