otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

最高裁判所 カタルーニャ州の学校でカタルーニャ語だけでなく、授業の25%はスペイン語を使用するよう命令。

|

最高裁判所は、スペイン語の授業だけでなく、他の授業に対しても25%の割合でスペイン語を使用して授業するよう命じた。


2010年にカタルーニャ高等裁判所は、カタルーニャ州の学校でもスペイン語を情報伝達の手段にしなければならないという判断に、最高裁判所は具体的な数字を提示した。


この比率は、「スペイン語を教えるのに妥当な数字である。」と最高裁は述べている。 


今回の決定は、二人の生徒の父親らが、割合を50%に引き上げるようにと上告していた。 また、州政府も州裁判所は基準を設定する資格がないとみて上告していた。


ソース

El Supremo ordena que las escuelas catalanas impartan un 25 por ciento de las clases en castellano 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。