otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

住宅不動産物件の売買数増に歯止め。 3月2.1%増(2014年比)

|

8日、スペイン国立統計局が発表した3月の住宅不動産売買件数の報告によると、今年3月の売買件数が27,280件で2014年同月に比べ2.1%増加したことが分かった。 2月の同数値が15%であったことを踏まえると、売買件数の増加に歯止めがかかった。


しかしながら、中古住宅不動産の売買が32.8%と大幅増加し9か月連続で増加。 新築住宅物件は-40.9%と大幅に減少した。


自治州別に見た売買件数では、

アンダルシア 5,331件

カタルーニャ 4,334件

マドリード 4,011件

バレンシア 3,837件

となったが、自治州別の人口比率で計算すると、バレンシアは10万人当たり98件で国内一位、次いでバレアレス諸島が87件で二位となった。


ソース

INE(PDF)


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。