otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

5月24日(24M)のスペイン統一地方選挙キャンペーンが始まる。

|


カスティーリャ=ラ・マンチャ国民党(PP)代表マリア・ドローレス・デ・コスペダル幹事長は、スペインの同地域で勝利をつかむため、政治的な曲芸師、また無駄遣いする政治家の手に落ちないよう市民と同意を得たいと語った。 コスペダルPP幹事長は、「船の帆先から身を投げ出すことはできない。 PPが政権を勝ち取ったときに以前から存在していた、”穴”にすべての人の未来を投げ入れることはできない。 PPが政権をとる前の政府の手に渡れば、腐敗政治が始まる。」「カスティリャ・デ・ラ・マンチャ、スペイン国民のため、絶え間なく仕事をし、勝利を勝ち取る。」と語った。


スペイン社会労働党(PSOE)のペドロ・サンチェス党首は国民党(PP)の腐敗政治を非難し、彼らの問題を解決するため、5月24日はPSOEに投票するよう呼びかけた。 サンチェス党首は、PPは腐敗した政党ではないと語ったものの、「腐ったメロン」と表現。 多くの党員が数十年に渡るPPの腐敗を恥じていると語った。


市民党(C´s)党首アルベルト・リベラは、「スペインが変わるために残された時間は15日間」と語り、スペインを変えることが出来るのは市民党とその党員だけであると発表。 「市民党の国会議員や義骸議員が少ないことはあまり気に留めていない。 重要なのは、この国が変わることだ。 この国を変える方法を知っている、我々は変えることが出来る。 でなければ誰もしないだろう。」 と語った。


PODEMOSのパブロ・イグレシア党首はマドリードのホルタレサ地区(Barrio de Hortaleza)で、PPに勝利することが確実だと語った。「我々のキャンペーンは二つのオプションがある。 一つは今までと同じ。 もう一つはスペインが生産的になるよう、地域の選挙で勝利をつかむことにより、スペインが生産的に動くよう変革を求めるかだ。」とマドリードの立候補者ホセ・マヌエル・ロペスを応援した。


統一左翼(IU)のアルベルト・ガルソンは「PPは単純に言って腐敗の巣窟だ。」とサラゴサで選挙キャンペーンを開始。 アルベルトは「資本主義と民主主義は相いれない。」 少数の権力者集団と寡頭政治を批判。 資本主義と闘うことを奨励した。


連合・進歩・民主主義(UPyD)のロサ・ディエス・スポークスマンは、「この党は提案があり、チームもある、議員もいる。 そして勝利すると決めた。」「もし私たちがいなくなれば、誰が検察庁の決定に対して上訴するのか、だれが正義を主張するのか。」などと語った。


ソース

Los líderes políticos inician una de las campañas con mayor incertidumbre


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。