otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ルビッツ副操縦士、同じ日に墜落の練習を行っていた (ジャーマンウィングス9525墜落事故)

|


3月24日エアバスA320のジャーマンウィングス9525便 バルセロナ - ドュッセルドルフ行の航空機が、アンドレアス・ルビッツ副操縦士によって意図的に墜落させられた疑いで捜査が続けられているなか、6日フランス政府は事故の中間報告を発表。


その30ページに及ぶ報告書によると、ルビッツ副操縦士は同日の朝ドュッセルドルフ - バルセロナ行のフライト中、高度を設定できる最低限の”100フィート”に何度か設定を変更していたことが分かった。


報告書によると、バルセロナ行のフライト中7時19分59秒に、操縦室のドアが開いて、閉まる音がし、機長が出ていった。 その時の高度は37000フィート。


7時20分29秒にボルドーの管制塔から35000フィートまで高度を下げる指示があり、この操作をルビッツ副操縦士が行った。 しかし18秒後、ルビッツ副操縦士は設定可能な最低高度100フィートに設定。 この設定を約3秒間保持した。 次いで49000フィートに高度を上げ、その後35000フィートに再び高度を下げた。


7時22分27秒、ルビッツ副操縦士は再び高度を100フィートに設定。 25000フィートまで高度が下がるまで何度か高度の設定を変更。 7時24分、機長と思われる人のドアを開けるように指示する音が聞こえた。 副操縦士は7時24分29秒操縦室のドアを開錠。


ルビッツ副操縦士は、機長が不在の間少なくとも4回高度の設定を変更した。


ソース

El copiloto de Germanwings maniobró para descender bruscamente en el vuelo de ida

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。